事故で障害が残ったら

滅多にないことだが、不幸にして遭遇してしまう災難というものがある。

交通事故はその中でも比較的確率の高いものだ。

事故に遭ってしまったら、やはり何よりも保険金。

相手の謝罪も必要だが、そんなもので被害者は食っていけない。

最終的に大事なのはやっぱり金だ。

さて、保険金の額が弁護士が入るかどうかで大幅に変わることが多いのは、案外知られていない。

その理由はいくつかある。

請求金額の水準に定めがなく、保険会社は安い自賠責基準に近い額でケリをつけようとするが、弁護士なら判例に基づく高い弁護士基準で交渉できるということがまずある。

損害賠償請求額を大きく左右するもうひとつのポイントは交通事故の後遺障害等級認定だ。

ムチウチなどの場合、等級認定を受けられるかどうかで金額が大きく変わる。

等級があれば、後遺障害慰謝料と後遺障害逸失利益という金額の大きい費目を請求できるが、等級ナシならその請求もないからだ。

私も勉強してこういうことがわかるようになったが、事故に遭って入通院している人が弱った心身でにわか勉強するのは無理。

そんなわけで、事故に遭う前に交通事故に強い弁護士を見つけておくというのも、有効なリスクマネジメントかなと思うようになった。

読者はいかが思われますか?