交通事故の示談

交通事故では慌てて示談に応じると大損することが多いという話をしよう。

加害者側の任意保険会社は、治療が落ち着くと症状固定の診断をもらうことを急かし、早急な示談に動いてくる。

結構大きな金額を示されるので、治療費がかかり、仕事にも行けていない身では心が動く。

その金額が相場に照らして妥当なのか、疑念を抱きながらも、示談に応じそうになる。

だが、多分その金額は相場より大幅に安い。

半分とか、1/3とか、あるいは1/4かも。

相手は早く示談をまとめたがっている。

被害者が交通事故保険金について調べ、知恵をつけ、弁護士を頼んだりする前に、引き返せないハンコを押させたがっている。

慌てて応じて得な事は何もない。

自分で勉強してみるのもいいが、結構むずかしいから、やはり弁護士に間に入ってもらうのが正解だ。

以上は民事の話だが、加害者の雇った弁護士が示談を持ち掛けてくる場合がある。

これは刑事事件の場合だ。

事故原因が加害者の悪質な運転で、危険運転致傷罪などが予想される時、刑の軽減のためにやる作業だ。

示談が成立していれば和解済みとみなされ、不起訴になったり、求刑が軽くなったりする可能性がある。

だから相手に厳罰を求めているなら、示談に応じてはいけない。

いずれにしても、慌てて示談に応じて良いことなど何もないのだ。